ご挨拶

ご挨拶

今後クラシック界の音楽家には、高度な技術は勿論の事、豊かな感性・知性・より良いコミュニケーション能力・問題解決能力・創造力・人間力が求められると確信しております。
特に音楽家としては、高度な演奏技術が一番重要となります。
演奏技術とは厳密に言いますと、緻密なテクニック・きれいな音色又は歌声で聴衆を魅了できる表現力・スター性など、それらを持ち合わせれば、一流音楽家として活躍できる事でしょう。
一流アーティストとして現役で活躍している当校の講師陣が、お子様の音楽家として輝かしい未来が送れる様に、そしてステージで活躍出来る様に全力でサポート致します。
又、更なる演奏技術を磨きたい音大卒生・現役プロの方向けのレッスン指導もお受けしております。
まずは、当スクールの院長(声楽)・副院長(ピアノ)の体験レッスン(レベルチェック)にお気軽にお越し下さい。

音大受験専門対策コースのご案内

音大受験専門対策コースのご案内
声楽専攻 月・金・日曜日
ピアノ専攻 月・水・木・土・日曜日
音楽レッスン 月・水・木・土・日曜日
ピアノ教室/ピアノレッスンのコース紹介です。ここでは子供ピアノ教室・ジュニア専門コースを紹介しています。

ピアノ

優れたピアノ演奏と芸術的感性のみならず、音楽全般に対して幅広い関心を持っている人材が求められます。 高度なテクニックの習得・芸術的なセンス又は表現力を磨き、課題曲を完成度高く仕上げられる様に、徹底してレッスン指導し合格へ導きます。

ピアノ教室/ピアノレッスンのコース紹介です。ここでは大人ピアノ教室・ファンコース(18歳以上の方対象)を紹介しています。

声楽

優れた声楽家になる可能性を持ち、智と人間性に優れた人材が求められます。お子様自身の声の質を最大限に生かしながら、声楽家として必要な技術を徹底してレッスン指導し、合格へ導きます。

ピアノ教室/ピアノレッスンのコース紹介です。ここでは音高・音大受験対策コース(中・高校生対象)を紹介しています。

音楽科目

聴音・楽典の筆記試験、新曲視唱・リズム課題の実技試験が必須となります。 音楽科目では音楽の基礎能力が問われます。幼少時期の早期音楽教育からの継続が重要となり、合格への鍵となります。芸大出身の講師が、合格する為に必要な音楽基礎能力が取得出来る様に、徹底した個別指導で合格へ導きます。

レッスン室[ピアノ]
ベーゼンドルファー グランドピアノ
レッスン室[声楽]
待合室
エントランス
エントランス

それぞれ体験レッスンを実施しております
40分 5,400円
まずは体験レッスンにご参加頂き、レベルチェックをした後、ご希望に合わせたレッスン概要をご提示させて頂きます

レッスン日時のご案内

レッスン日時のご案内
レッスン時間 声楽専攻レッスン 月・金・日曜日
ピアノ専攻又は副科レッスン 月・水・木・土・日曜日
音楽レッスン
※音楽レッスン=ソルフェージュ・聴音・初見視唱・楽典。
専攻と副科ピアノ以外の必須科目受験対策の指導。
月・水・木・土・日曜日
月謝 ピアノ専攻
レベルチェック(体験レッスン)後に、レッスンプラン(料金含む)をご提案致します。
実技レッスン 月4回 1レッスン80分
音楽レッスン 月2回 1レッスン40分
※志望校によりレッスン回数が異なる場合もございます。
声楽専攻
レベルチェック(体験レッスン)後に、レッスンプラン(料金含む)をご提案致します。
実技レッスン 月4回 1レッスン80分
音楽レッスン 月2回 1レッスン40分
副科ピアノ 月2回 1レッスン40分

院長・副院長・講師紹介

院長・副院長・講師紹介

青山コンセルヴァトワール 表参道校の院長・副院長・講師紹介をご紹介します

平林 龍

院長

東京藝術大学声楽科専攻卒。パリ・エコールノルマル音楽院へ留学。

オペラレパートリーとして「道化師」シルヴィオ、「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵、「ペレアスとメリザンド」ペレアス、宗教曲ではフォーレ「レクイエム」、サンサーンス「クリスマスオラトリオ」、ヘンデル「メサイア」のバリトンソロなどがある。

意欲的にリサイタル等、演奏活動を行っており、特にフランス音楽の理解と繁栄に力を入れている。 ​​第45回劇団四季オーディション合格。東宝ミュージカルアカデミーに学ぶ。​ パリ留学帰国より長年行っている独自の歌声喫茶活動の他、合唱指揮、ピアノ、作曲活動と多才ぶりを発揮。テレビメディアにも多数出演している。

講師からのひとこと
音程や表情など物理的に直せる点、無理なく歌えるよう呼吸法など、徹底的にチェック。魅力を客観的に引き出せるよう致します。

浅井 由紀

副院長

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒。東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。

イタリアのトリノ国立G・ヴェルディ音楽院を首席で卒業。 在学中、トリノ音楽院オーケストラと協演。トリノ、ランポレッキオ、リヴォリなどイタリア各地でリサイタルを行う。現在、ソロや伴奏ピアニストとして活動の他、幼稚園や小学校での公演も多数行っている。

講師からのひとこと
それぞれの方の感性を大事にしつつ、音楽のイメージを膨らませ、表現豊かな演奏をするためのお手伝いが出来たらと思っております。一緒に楽しく音楽を学びましょう!

藤野先生

声楽講師

東京芸術大学声楽専攻卒。東京芸術大学大学院修士課程修了。昭和音楽大学大学院博士後期課程修了。

【コンクール歴・主な演奏活動】
学部卒業時に、アカンサス音楽賞ならびに同声会賞受賞。第46回日伊声楽コンコルソ入選。 二期会オペラ研修所第58期マスタークラス修了時に優秀賞受賞。 日本音楽学会会員。日本ワーグナー協会会員。二期会会員。今現在、数々のオペラに出演し続けている。

講師からのひとこと
歌は、身体と心と精神の全てが楽器となって奏でられます。基礎的な身体訓練、呼吸の仕方や、心のトレーニング方法を身につけて、世界にひとつしかないあなただけの楽器を奏でていきましょう。

佐藤先生

ピアノ講師

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。秦はるひ氏に師事。
その後、渡独。 フライブルク音楽大学Felix Gottlieb氏に師事。芸術課程を最優秀で卒業後、ソリストコース(大学院課程、国家演奏家資格)もまた最優秀で終了。
その後も同大学にて室内楽を専攻、メンデルスゾーンチクルスや室内楽ツアーなどに招聘され、ドイツ国内の地元紙で大絶賛を得る。
その後更に、イタリア、イモラ音楽院にてLeonid Margarius氏に師事。
フランス、ブローニュ音楽院にて室内楽を専攻、Hortense Cartier-Bresson氏に師事。

【コンクール履歴・主な演奏活動】
国内外のコンクールにて数々受賞(イタリアモノポリ国際コンクール1位及び古典ソナタ賞(ベートーヴェンソナタ賞)、オランダPrix D’amadeo コンクール1位、及びモーツァルト特別賞、アンドラ国際コンクール2位、モスクワ、スクリャービン国際コンクール5位、フィナーレリグレ、パルマドーロ国際コンクール3位、など) 、日本、ドイツ、オランダ、ロシア、フランス、イタリアにてフェスティバル、ソロリサイタル、室内楽コンサートに招聘。
またニューヨークでラフマニノフピアノ協奏曲一番を共演し、NewYork Concert Reviewでは ”高度で洗練され、明確で精度の高い、澄み切った音色、そして思慮深く心のこもった演奏で、かつ完璧な指先で、感動的なオーケストラとの共演” と高い評価を受ける。
現在は活動の拠点を日本に置き、後進の指導にもあたると共に、今後も、国内外共に活躍が期待される。
CD 『ファンタスティックショパン』、『北欧の響き』も好評発売中。
http://www.e-onkyo.com/sp/album/gphr15026/

講師からのひとこと
個性に合ったカスタマイズレッスンをおこなっています。技術力はもちろん、演奏する喜びを感じて頂けるよう努めます。ご一緒に楽しみましょう。

ホール画像